DVモラから生還と人生立直しブログ

DVモラから生還と人生立直しブログ

私のDVモラハラ体験とその後の生活立直しブログです

DVモラ夫のパーソナリティ障害

ここまでDVモラ夫の言動を綴ってきました。

DV、モラハラする人は「自己愛性パーソナリティ障害」だと言われます。

DVモラ夫の場合はちょっとそれだけでは足りないと感じていました。

 

自己愛性パーソナリティ障害の特徴

  • 自分の重要性および才能についての誇大な,根拠のない感覚(誇大性)

  • 途方もない業績,影響力,権力,知能,美しさ,または無欠の恋という空想にとらわれている

     
  • 自分が特別かつ独特であり,最も優れた人々とのみ付き合うべきであると信じている

  • 無条件に賞賛されたいという欲求
  • 特権意識

  • 目標を達成するために他者を利用する

  • 共感の欠如

  • 他者への嫉妬および他者が自分を嫉妬していると信じている

  • 傲慢,横柄

 

DVモラ夫はこれに

反社会性パーソナリティ障害が加わると感じました。

  • 逮捕の対象となる行為を反復的に行うことにより示される法律の軽視

  •  反復的な嘘,偽名の使用,または個人的利益もしくは快楽のために他者を言いくるめることにより示される欺瞞的態度
  • 衝動的に行動したり,事前に計画を立てなかったりする
  • 絶えず身体的喧嘩を始めたり,他者を攻撃したりすることにより示される怒りやすさまたは攻撃性
  • 自分または他者の安全性の向こう見ずな軽視
  • 別の仕事のあてもなく仕事を辞めたり,請求書の支払いをしなかったりすることにより示される一貫した無責任な行動
  • 他者を傷つけたり虐待したりすることに対する無関心またはそのような行為の合理化により示される後悔の念の欠如

 

この2つがガッチリ融合されていたのがDVモラ夫です。

 

DVモラ夫が別荘に入っていた時に診察してもらっていた精神科の先生にも

相談はしていました。

帰ってきたら治療が必要だと言われていました。

 

別荘から帰ってきたDVモラ夫に

「パーソナリティ障害があるから乱暴なことをするんだよ。治療しよう」

と私は精神科での治療をすすめました。

しかしDVモラ夫が治療を受けるはずもなく、また同じことを繰り返しました。

 

治療には本人の気付きと治したいという固い意志が必要です。

しかし多くの場合、途中でやめてしまうのが現状と聞いています。

 

では私たちはどうしたらいいのでしょうか?

 

とにかく上記に当てはまるような行動をする人に近づかないこと。

付き合っていく中でパーソナリティ障害かもしれない?と気づいたら別れること。

そのまま結婚したらもっと酷いことになります。

「私が彼を治してみせる」というバカな考えは捨てること。

素人が治せるものではありません。

愛の力で治せるものではありません。

 

私は何とかしてDVモラ夫の素行を治そうとしてしまった一人です。

でもDV、モラハラはますます酷くなり、

私は身も心も傷だらけになりました。

 

このブログを読んでくれている人が一人でもそれに気づき

ご自分を守ってもらいたいと思います。