DVモラから生還と人生立直しブログ

DVモラから生還と人生立直しブログ

私のDVモラハラ体験とその後の生活立直しブログです

詐欺師DVモラ夫の真骨頂2

整形外科に運ばれたDVモラ夫。

いつもの主治医に手首と肩を痛めたと言う。

 

実は先生はDVモラ夫の説明でおかしいと思っていた。

手首がぶつかって打撲もあるが捻ったというのだ。

その捻り方に関して先生は

「そうはならないだろう~(;´・ω・)」と言ったのがだ、

DVモラ夫がゴリ押しして、交通事故という扱いにさせてしまった。

 

交通事故扱いとなれば相手の自賠責保険、任意保険が絡んでくる。

治療費、通院費、時計の修理費…

請求できるものが出てくる。

 

DVモラ夫は最初からそれを狙っていた。

だからこそ、先生に無理強いして交通事故と診断書を書いてもらう必要があった。

 

相手の加入している保険会社から書類が届いた。

金のことだからDVモラ夫は詳しいと思っていたのに

これがサッパリだめ(笑)。

おまえこれが目的だったんだろうが( ̄д ̄)。

 

1日通院するといくら、

病院までの交通費

お見舞金がいくら

 

これを「捕らぬ狸の皮算用」で私に全部計算させた"(-""-)"。

ホントに迷惑千万とはこういうことをいうんだと改めて思った( ̄д ̄)。

 

時計だがアイツは他の女の金で買った200万のロレックスをしていた。

そこのベルトに傷が入ったと言い、写真を保険会社に送った。

 

事故した年配の女性には

オラオラ~(。-`ω-)「弁償するって言ったんだから新しいの買え!」

と言っており、保険会社にもそれでごねた。

 

ここで皆さん…お察しのとおりですよ(>_<)

保険会社に電話させたり、書類をかかせたりするのは私にやらせる。

自分は手を下さない。

 

それは自分が「オレは詐欺行為をしていない」と言うため。

何でもかんでも女にやらせるのは、自分に降りかからないためである。

 

時計の件は結局、ベルトの全交換だけで話はまとまった。

でも30万くらいかかる。ロレックスは何でも高い( ̄д ̄)。

 

それでまた「捕らぬ狸の皮算用」が始まった。

何ヶ月通院したらいくらで~

交通費はいくらだろ~

それに見舞金に~

ロレックスの修理代~

…はなからロレックスの修理を出す気持ちなんて無いのはご察しの通りです。

 

ザっと見積もって70万円ちょっと。

DVモラ夫はご満悦だった。

 

手首と肩のケガは嘘。

ロレックスの傷は元々ついていたもの。

 

こうしてDVモラ夫はまんまと70万円を手に入れた…

 

のかどうかは私は知らない。

私はこの騒動の最中、シェルターに逃げたから( ̄▽ ̄)。

だから全額いただけたのかどうかは知らない。

 

私は電話をさせられたり、そういうことに嫌気がさしていた。

だって…DVモラ夫がやっていることは「詐欺」だから。

詐欺の片棒を担ぐのは嫌だった。

生活保護でお金が無いのが嫌なら、

真っ当なきれいなお金を手に入れたらよい。

 

他人様を騙して手に入れたお金。

そんなものに私は興味もないし、欲しくもない。

 

DVモラ夫はその保険金で新しい車を買おうとしていた。

もちろん運転するのは私。

そんな車、私は欲しくもないし、運転もしたくない。

 

私の中でDVモラ夫に対してたくさんの

「汚いこと、痛いこと」が溜まりに溜まって

チャンスを見つけてシェルターに逃げた。

 

DVモラ夫は一生、死ぬまで、

汚いお金、他人様の財産をあてに生きていくのでしょう。

自分の手できれいなお金を稼ぐことができない人なのですから。