DVモラから生還と人生立直しブログ

DVモラから生還と人生立直しブログ

私のDVモラハラ体験とその後の生活立直しブログです

弁護士とDVモラ夫の戦い2

前回、裁判所の「動産の保全」を行ったわけですが、

パソコン、スマホ、車は戻ってきました。

 

ついでに他の私物も回収すればいいのに…

 

と思われるかもしれませんが、それはできません。

裁判所に「この動産はいつ、いくらで購入したか」がはっきりしないものに関してと、

あまりに価値が低いものについては裁判所は保全はできません。

 

「動産の保全」をするには保全する全金額に対しの「担保金」を裁判所に払います。

これはもし回収できなかった時には返ってこないお金です。

だいたいは回収できてお金は返ってくるそうですけどね(;・∀・)

 

そしてその担保金の金額ですが、回収するものの価値が大きいほど、

支払う金額も大きくなる。

そうすると自ら払えない…となる金額を提示されてしまう。

そういう時はどうするのか?

 

ちゃんとお金を立て替えてくれる銀行があるんです。

確か「みずほ銀行」で担保金の立て替えというのをやっていると

弁護士から聞きました。

私の場合は担保金は数万円で済みましたので、自腹で支払いをしました。

 

それはさておき、今日は前回の保全時のことをもっと詳しくお話しようと思います。

 

DVモラ夫と女の関係が始まったのがいつなのか?

これは今後「DVモラ夫裏話」という形でこのブログが続きますので、

そこでお話しようと思っています( ̄▽ ̄)…お楽しみに!

 

保全時、DVモラ夫が発した言葉…。

「女は妊娠している」

 

はぁ??ニンシンですかぁ( ゚д゚)ポカーン

 

そこにいた弁護士、管理官、警察官はみんな( ゚д゚)ポカーン

 

…ということは!

他の女とヨロシクしながら、私に手紙を送ってきて

「会いたい、謝りたい、話がしたい」

「やり直せるとは思っていないけど…」

という内容を送ってきていたことになる。

さすがDVモラ夫だ!

モラハラのヤツの頭の中は宇宙だから何を考えているかわからない。

 

これで私が「戻ります」となったら、DVモラ夫はどうするつもりだったんだろ?

あーー恐ろしや…考えたくもない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

かつて…DVモラ夫は「幼児虐待」で逮捕、刑務所に行っている。

その男がまた子供を作る…

私は何と恐ろしいことかと思わずにいられなかった。

女、子供に平気で手を挙げるDVモラ夫…また犠牲者が増えてしまった。

 

その後、DVモラ夫から弁護士に1度電話があった。

その時、弁護士を恫喝し「そこの周辺にはヤクザ仲間がたくさんいる。

事務所やお前らを潰すなんて簡単なことだ」と脅した。

 

それを聞いた私は私の弁護士に…私のために色々ご足労かけていて

体調も気にしてくれている弁護士に恫喝と脅しをかけてきたことに怒りがこみ上げ

次の手に出ようとしていた。