DVモラから生還と人生立直しブログ

DVモラから生還と人生立直しブログ

私のDVモラハラ体験とその後の生活立直しブログです

DVモラ夫を総括してみる

DVモラ夫のこれまでのことを思い出してみる。

 

暴力、暴言、モラハラ…数々の嘘。

自分が一番でなければ気が済まない。

 

いい例がある。

私がDVモラ夫の前に付き合っていた彼氏のことだ。

根掘り葉掘り彼氏のことを聞き出そうと必死だった。

それはDVモラ夫の中で

「自分はミライの元カレより劣っている」ことを払拭したかったから。

 

元カレは職人で経営者であり、若手を使っていた、いわば社長。

お金の匂いがプンプンするし、何よりアイツが悔しかったのは

私が何を聞かれても元カレのことを言わなかったことだ。

名前、どこに住んでいる、会社名…全て秘密にしてきた。

それが悔しい。

 

DVモラ夫は付き合う女に対して、必ず元カレのことを悪く言う。

その人のことを知らないにも関わらずだ。

 

私がなぜ、これだけDVモラ夫のことを知っているかというと、

DVモラ夫が別荘にいるとき、過去の他の女からの手紙は全て読んだし、

息子からも随分と色々な話を聞いた。

だから私はたくさんのことを知ることとなった。

 

DVモラ夫は付き合う女の全てから多かれ少なかれ財産を奪っている。

ただ…私が知る限り一人だけ財産を奪われていない女がいる。

でもその女は子供を奪われた。

躾という名の行き過ぎた行為によってその子は亡くなった。

 

DVモラ夫はどうしたいのか?

 

幸せな家庭を知らないDVモラ夫はそれが欲しかったのか?

自分の思う通りになる家族が欲しかったのか?

 

DVモラ夫の言動を見ていると

「自分はこうありたい」

というものが定まっていないと私は感じる。

 

人は誰しも「こうありたい」という欲望なり、野望があると思う。

それがDVモラ夫には見えてこない。

 

私は数々の男の人とお付き合いをしてきたが、

「この人は将来こうありたいんだな」というのは大体見えていた。

しかしDVモラ夫にはそれが無かったし、見えなかった。

 

私はDVモラ夫が別荘から帰ってきて、DV、モラハラ

受けていたにも関わらず、それを探し出そうとしていた。

 

でも見えない、感じてこない。

 

DVモラ夫は毎日ただただ私を痛めつけていただけで、

その後のことなど何も考えていなかったと思う。

 

私がシェルターに逃げて、弁護士を通して手紙が来て、

「やり直せるとは思っていないけど、できれば…」

と書いてあったが、私が戻ったところで何も変わらない。

DVモラ夫の生きる道に私は必要ないと思った。

 

私は「こうありたい」「こうなりたい」ということを

常に持っている人間だった。

 

何も持っていないDVモラ夫に魅力を感じるわけもなく、

生きるための応援をすることなど無駄だと悟った。

 

今、うつ病になったけど、ブログが書けるまでになったのは

これから私は「こうなりたい」「こうありたい」という思いを持っているから、

書けるようになったと思っている。

 

DVモラ夫はまた女を作り、子供を作り、何がしたいのだろう。

同じ行為を何度繰り返したら自分の空っぽさに気付くのだろう。

 

相手を変えても自分の中に、自分を形成する思考を持たなければ、

何度も同じことを繰り返す。

ただただ、虚しさだけが積まれていく人生なのに…。

 

私にはDVモラ夫と合わなかった。

向上心と情熱とくじけない心を持っていないと

私は男性として認めない。

これは昔から変わっていない。

むしろ私自身がそうありたいと頑張ってきた。

 

空っぽのDVモラ夫。

他人の財産を巻き上げることでしか生きられない男。

そのくせ自分が世界で一番の男と思っている愚かな男。

嘘で固めた見た目と、平気で嘘を並べ、平然と嘘の涙を見せる男。

人間としての情がない、人形みたいな男。

 

私と合うわけがないし、私を「最後の女にしたい」と言っていたが、

情熱のない男に私は興味が全くない。

こんなに空っぽな男だと思わなかった。

 

私は離婚してDVモラ夫と他人になれたので、

空虚男を拾ってくれるお金のある女に面倒を見てもらったらよい。

 

私はDVモラ夫を可哀そうとは思わない。

全ては自分で蒔いた種が育って今がある。

悔やむなら自分が蒔いた種を恨め。

悔やむなら自分を変えてみろ。

 

…きっとアイツにはできないだろう。

 

DVモラ夫はあと少しで還暦になる。

いつまでも女を騙し引っかけることはできないだろう。

どこかで自分を変えなければ、孤独に死んでいくことになるだろう。

 

でもそれも自業自得…。

たくさんの人を不幸のどん底に陥れた罪は大きいし、

やられたことは自分に返ってくる。

 

それがいつなのか…。

私には知る由もないし、知りたくもない。

 

今回、DVモラ夫と結婚したことは

私にとってはとてつもない不幸な出来事だったが、

こういう人間が存在するという「人生の勉強になった」と

思うことにする。

私の人生の経験値が上がったと思うことにしないと救われない。

この経験を生かして、他の誰かを助けることができることになれば幸いだ。

それが今の私の願いです。

 

 

 

DVモラ夫のパーソナリティ障害

ここまでDVモラ夫の言動を綴ってきました。

DV、モラハラする人は「自己愛性パーソナリティ障害」だと言われます。

DVモラ夫の場合はちょっとそれだけでは足りないと感じていました。

 

自己愛性パーソナリティ障害の特徴

  • 自分の重要性および才能についての誇大な,根拠のない感覚(誇大性)

  • 途方もない業績,影響力,権力,知能,美しさ,または無欠の恋という空想にとらわれている

     
  • 自分が特別かつ独特であり,最も優れた人々とのみ付き合うべきであると信じている

  • 無条件に賞賛されたいという欲求
  • 特権意識

  • 目標を達成するために他者を利用する

  • 共感の欠如

  • 他者への嫉妬および他者が自分を嫉妬していると信じている

  • 傲慢,横柄

 

DVモラ夫はこれに

反社会性パーソナリティ障害が加わると感じました。

  • 逮捕の対象となる行為を反復的に行うことにより示される法律の軽視

  •  反復的な嘘,偽名の使用,または個人的利益もしくは快楽のために他者を言いくるめることにより示される欺瞞的態度
  • 衝動的に行動したり,事前に計画を立てなかったりする
  • 絶えず身体的喧嘩を始めたり,他者を攻撃したりすることにより示される怒りやすさまたは攻撃性
  • 自分または他者の安全性の向こう見ずな軽視
  • 別の仕事のあてもなく仕事を辞めたり,請求書の支払いをしなかったりすることにより示される一貫した無責任な行動
  • 他者を傷つけたり虐待したりすることに対する無関心またはそのような行為の合理化により示される後悔の念の欠如

 

この2つがガッチリ融合されていたのがDVモラ夫です。

 

DVモラ夫が別荘に入っていた時に診察してもらっていた精神科の先生にも

相談はしていました。

帰ってきたら治療が必要だと言われていました。

 

別荘から帰ってきたDVモラ夫に

「パーソナリティ障害があるから乱暴なことをするんだよ。治療しよう」

と私は精神科での治療をすすめました。

しかしDVモラ夫が治療を受けるはずもなく、また同じことを繰り返しました。

 

治療には本人の気付きと治したいという固い意志が必要です。

しかし多くの場合、途中でやめてしまうのが現状と聞いています。

 

では私たちはどうしたらいいのでしょうか?

 

とにかく上記に当てはまるような行動をする人に近づかないこと。

付き合っていく中でパーソナリティ障害かもしれない?と気づいたら別れること。

そのまま結婚したらもっと酷いことになります。

「私が彼を治してみせる」というバカな考えは捨てること。

素人が治せるものではありません。

愛の力で治せるものではありません。

 

私は何とかしてDVモラ夫の素行を治そうとしてしまった一人です。

でもDV、モラハラはますます酷くなり、

私は身も心も傷だらけになりました。

 

このブログを読んでくれている人が一人でもそれに気づき

ご自分を守ってもらいたいと思います。

 

 

詐欺師DVモラ夫の真骨頂2

整形外科に運ばれたDVモラ夫。

いつもの主治医に手首と肩を痛めたと言う。

 

実は先生はDVモラ夫の説明でおかしいと思っていた。

手首がぶつかって打撲もあるが捻ったというのだ。

その捻り方に関して先生は

「そうはならないだろう~(;´・ω・)」と言ったのがだ、

DVモラ夫がゴリ押しして、交通事故という扱いにさせてしまった。

 

交通事故扱いとなれば相手の自賠責保険、任意保険が絡んでくる。

治療費、通院費、時計の修理費…

請求できるものが出てくる。

 

DVモラ夫は最初からそれを狙っていた。

だからこそ、先生に無理強いして交通事故と診断書を書いてもらう必要があった。

 

相手の加入している保険会社から書類が届いた。

金のことだからDVモラ夫は詳しいと思っていたのに

これがサッパリだめ(笑)。

おまえこれが目的だったんだろうが( ̄д ̄)。

 

1日通院するといくら、

病院までの交通費

お見舞金がいくら

 

これを「捕らぬ狸の皮算用」で私に全部計算させた"(-""-)"。

ホントに迷惑千万とはこういうことをいうんだと改めて思った( ̄д ̄)。

 

時計だがアイツは他の女の金で買った200万のロレックスをしていた。

そこのベルトに傷が入ったと言い、写真を保険会社に送った。

 

事故した年配の女性には

オラオラ~(。-`ω-)「弁償するって言ったんだから新しいの買え!」

と言っており、保険会社にもそれでごねた。

 

ここで皆さん…お察しのとおりですよ(>_<)

保険会社に電話させたり、書類をかかせたりするのは私にやらせる。

自分は手を下さない。

 

それは自分が「オレは詐欺行為をしていない」と言うため。

何でもかんでも女にやらせるのは、自分に降りかからないためである。

 

時計の件は結局、ベルトの全交換だけで話はまとまった。

でも30万くらいかかる。ロレックスは何でも高い( ̄д ̄)。

 

それでまた「捕らぬ狸の皮算用」が始まった。

何ヶ月通院したらいくらで~

交通費はいくらだろ~

それに見舞金に~

ロレックスの修理代~

…はなからロレックスの修理を出す気持ちなんて無いのはご察しの通りです。

 

ザっと見積もって70万円ちょっと。

DVモラ夫はご満悦だった。

 

手首と肩のケガは嘘。

ロレックスの傷は元々ついていたもの。

 

こうしてDVモラ夫はまんまと70万円を手に入れた…

 

のかどうかは私は知らない。

私はこの騒動の最中、シェルターに逃げたから( ̄▽ ̄)。

だから全額いただけたのかどうかは知らない。

 

私は電話をさせられたり、そういうことに嫌気がさしていた。

だって…DVモラ夫がやっていることは「詐欺」だから。

詐欺の片棒を担ぐのは嫌だった。

生活保護でお金が無いのが嫌なら、

真っ当なきれいなお金を手に入れたらよい。

 

他人様を騙して手に入れたお金。

そんなものに私は興味もないし、欲しくもない。

 

DVモラ夫はその保険金で新しい車を買おうとしていた。

もちろん運転するのは私。

そんな車、私は欲しくもないし、運転もしたくない。

 

私の中でDVモラ夫に対してたくさんの

「汚いこと、痛いこと」が溜まりに溜まって

チャンスを見つけてシェルターに逃げた。

 

DVモラ夫は一生、死ぬまで、

汚いお金、他人様の財産をあてに生きていくのでしょう。

自分の手できれいなお金を稼ぐことができない人なのですから。

  

詐欺師DVモラ夫の真骨頂1

この記事は本来なら犯罪だと思われるものです。

しかし、私は公表することで

DVモラ夫が本当に悪いヤツということを示したいと思います。

 

ある日、病院の駐車場にて、DVモラ夫が歩いていると、

DVモラ夫の方に一台の車がバックで下がってきました。

速度はゆっくりでした。

DVモラ夫は車の後ろのガラスをバンバンと叩きましたが、

そのまま下がってくる車。

DVモラ夫はまたガラスに手をつきました。

 

そして止まった車。

中から年配の女性が下りてきました。

 

「人がいるのに何バックしてきてんだよヽ(`Д´)ノプンプン」

「あ~ごめんなさい。気付かなくて…」

「おまえ時計が傷ついただろ?どうしてくれるんだよ?」

「それは弁償させてもらいますから…警察呼びます」

 

警察がきて、事情聴取していてもDVモラ夫は時計の事ばかり警察に訴える。

そして手首と肩を痛めたと言い出した!

 

いや…私は見ておったが、手首と肩が痛むほど衝撃はないぞ!

時計だって当たってない…。

 

下手に口を出すとまたややこしいことになるので

申し訳ないが私はその場をやり過ごし、事の成り行きを見ていた。

 

警察は当然、DVモラ夫のことを知っている。

所轄ではアイツは有名人。

前に逮捕されて長いこと留置されていたから。

 

警察と年配女性が話している。

しかし年配女性はどうハンドルを切ったのか覚えていないようで、

全然違うことを言い出していた。

それを聞いたDVモラ夫はカンカンヽ(`Д´)ノプンプン

 

オラオラ~(。-`ω-)

「テメー覚えてねぇのかよ!オレに当たっただろ!

 こっちに向かってハンドル切っていたじゃねーか!」

「そっちが適当なこと言うなら、こっちも徹底的にやってやる!」

オラオラ~(。-`ω-)

 

(ノ∀`)アチャー…めんどくさいことになったぞ…

とミライさんはそっと顔をしかめた(笑)

アイツがそう言い出すとロクなことがない…。

 

まだまだ話がごちゃごちゃに…悪い方向に行っている…あ~あ…

とミライさんがため息をつくと…

 

オラオラ~(。-`ω-)

「オイ!ミライ!!救急車呼べ!!」オラオラ~(。-`ω-)

はぁ?(´Д`)ハァ…

救急車…ハイハイ…

「あ~今、○○の駐車場で車にひかれたんですけど…」

 

救急車来て、大したことないピンピンしたDVモラ夫に救急隊は( ゚д゚)ポカーン。

どこが?ひかれたのかな??( ゚д゚)ポカーン

 

警察もいたので救急隊と警察で話してくれて

とりあえず行きつけの整形外科に運ばれたDVモラ夫。

「ミライ!後から迎えにきて!!」

はいよ…行きますよ…行かなきゃまた何されるかわからん( ̄д ̄)。

 

私はこの先、嫌な予感しかしなかった。

 

やるぞ、この男…。

 

病院好きにも程がある

DVモラ夫には持病がある。

腰椎椎間板ヘルニアC型肝炎(完治)、高血圧…。

 

高血圧はウォーキングをして少しやせたことで改善。

C型肝炎覚醒剤の回し打ちでかかり( ̄д ̄)、

ヘルニアはホントか嘘か知らんが、ペンキ屋をしていた時になった…

と言っていた。

 

とにかく別荘から帰ってきてからというもの

色々な病院をはしごして、お気に入りの先生を見つけようとしていた。

 

生活保護をいいことに病院にかかりまくる…という悪行( ̄д ̄)。

 

ヘルニアは大学病院と地域の整形外科にかかっていた。

本来なら同じ病気で2つの病院にかかることはできないと

生活保護ではなっているのに、

「大学病院じゃないと注射を打ってもらえない」

というモラ流言い訳でケースワーカーを押し切り、

大学病院と地域の整形外科にかかっていた。

 

大学病院は2か月に1度、

地域の整形外科は週に2~3回行っていた。

その度に付き合わされるこっちの身にもなってもらいたい"(-""-)"。

 

両方の病院で同じシップをもらっていたのだが、

生活保護は基本的にジェネリック医薬品と決まっているのに、

またモラ流言い訳で「ジェネリックじゃ合わない」と

私に!私に言わせる!ヽ(`Д´)ノプンプン

自分で言えっていうんだよヽ(`Д´)ノプンプン

 

またある時は、身体の調子が悪く、どこが悪いのかわからない。

大学病院の総合内科で診てもらっていた時のこと、

先生の説明で十分理解できた私は特に何も聞かなかった。

しかーし!

DVモラ夫が「何で先生に質問しないんだ!ヽ(`Д´)ノプンプン」と怒りだした。

 

はぁ?(´Д`)ハァ…

聞きたいことがあれば自分で聞いたらどうですかい??

私は先生の説明で十分だと思いますがね!

 

オマエはどこの組長だ?

私は若頭か??(笑)

 

とにかく私が何かアクションを取らないと気が済まないらしい。

本当に面倒なヤツヽ(`Д´)ノプンプン

 

大学病院と地域の整形外科からシップをたくさんもらっているから、

家にはシップが売るほどあるんだけど、

本来ならこれは違法…というか、同じ薬が2つの病院から出るというのは

本来はしないこと。

生活保護をいいことにお薬三昧。

たくさんもらって喜んでいる。

そのお薬を管理するのはもちろん私だヽ(`Д´)ノプンプン

 

本当にめんどくせーなヽ(`Д´)ノプンプン

シップ全身に貼って寒々したらどうですかいヽ(`Д´)ノプンプン

 

といつも頭の中では文句タラタラ…。

 

自分はこれだけ病院に行くくせに、

私が打撲、骨折、声が出せなくなったことに関して

病院にかからせてもらえなかった。

唯一、更年期障害の注射だけはさせてもらえたけど…。

そのお陰でDVモラ夫がから逃げ出すことに成功したんだけどね!(^^♪

 

病院でもオラオラ~(。-`ω-)した態度は変わらず、

先生にだけ下手にでるDVモラ夫。

 

…そんなに病院が好きなら入院でもしちゃえ(^^♪

…でも入院したらしたで…また…

オラオラ~(。-`ω-)「何持ってこい」「あれ買ってこい」とか

うるさいんだろうな"(-""-)"。

 

ホントにDVモラ夫って面倒くさっ!!( ̄д ̄)